ダイエットをスタートさせた直後は、体重の減少がはっきりと出やすいようです。

リバウンドしないダイエット!ダイエット停滞期でも運動を継続することが大切

ダイエットの停滞期は、摂取カロリーを減らしたり、運動をしている時に起きるこ
とです。

 

意を決して実行したダイエットでも途中で挫折することが多いのは、頑張ってもな
かなか体重が減らない停滞期があるからです。

 

ダイエットをスタートさせた直後は、体重の減少がはっきりと出やすいようです。

 

食事量を減らしたり、運動量を増やしたりして、生活ががらりと変わるためです。

 

しかし、ダイエットを始めてから何日か経過すると、始めのうちは順調に減ってい
た体重が、急に減らなくなってしまいます。

 

これが停滞期と呼ばれています。

 

停滞期に入ってしまうと、体重が落ちにくくなるどころか、まったく落ちないこと
などもあります。

 

こうなると結果が見えないために、やる気が失せてしまい、ここでダイエットを諦
めてしまうというケースも多いようです。

 

停滞期になるとダイエットが進んでいないように見えますが、ダイエットに必要な
ステップの一つとして、停滞期を捉えることが大切です。

 

そもそも停滞期は、体内の急激な変化にびっくりして、体を省エネルギー状態にす
るホメオスタシス機能が働くために発生します。

 

食事の量は少なくても、体は少ない食事量で身体機能を一定に保とうと努力するの
で、食事制限によるダイエットは停滞期の影響を受けやすいようです。

 

ダイエットに停滞期があることを知らないと、このくらいの次点でダイエットをや
めてしまうようです。

 

体がダイエットに慣れてきた証拠が停滞期であるので、この時期に運動をすること
で筋肉が増加して、その分だけ脂肪が減りますが、体重は筋肉増加に伴って急激に
減ることはなくなります。

 

体重が落ちにくくなったとしても、痩せにくくなっているわけではないので、焦ら
ずにそのまま運動や食事制限を続けていくうちに、再び体重が減る時期がやってく
るのです。

 

 

 

 

リバウンドしない方法!停滞期を乗り越えてダイエットを成功させるには

ダイエットがうまくいくかどうかは、停滞期をいかにくぐり抜けるかにかかってい
るといえます。

 

この停滞期をいかに乗り越えるかで、ダイエットに成功するか失敗してしまうかの
大きな分かれ目になります。

 

毎日、どんなものを食べているか、停滞期中はより気にしていきたいものです。

 

停滞期とは、食事の量を減らし、せっせと運動をして、ダイエットがスムーズにい
っていたはずが、途中で体重の減りが鈍くなってしまう状態のことです。

 

停滞期になるのは、いきなりの体重減少に警戒した体が、一時的に対抗策をとるた
めです。

 

もともと、人の体は、いきなりカロリー摂取量が減った場合は危機的状況にあると
解釈し、一時的にカロリー消費量を減らし、脂肪を体に蓄積しようとします。

 

本人の意思とは無関係に発生するこの仕組みが、ダイエット時には起きるため、停
滞期という現象があらわれるのです。

 

せっかく順調にいっていたダイエットがつまずくことで、多くの人は焦りや挫折感
を感じてしまうことになります。

 

停滞期をいかに突破するかが、ダイエットを続けるためには、とても大事なことな
のです。

 

停滞期を突破するためには、食事での栄養の偏りがないようにすることが大事です。

 

なかなか体重が減らないからと、絶食に近いような食事の減らし方をしたり、運動
量を増やすことはよくありません。

 

規則正しい食生活と、栄養の偏りがない献立にして、ダイエットを継続することで、
いずれ体重の減少は再開されるといいます。

 

 

リバウンドしないダイエット食事!ダイエットの停滞期を脱出するためには

ダイエットの停滞期とは、食事を減らし、運動をしていると、始めのうちはスムー
ズに体重が減るのに、途中で減らなくなることです。

 

停滞期は、どんな人でも経験するものです。

 

ダイエットを成功させるためには、停滞期をどのようにしてやり過ごすのかが重要
になります。

 

せっかくダイエットを始めたのに、停滞期になると、頑張りの成果が形になって見
えなくなるため、張り合いがなくなって挫折する人もいます。

 

リバウンドが発生すると、今までの体重になってしまうだけでなく、結果的に太っ
てしまう人もいるようです。

 

ダイエットをした結果、リバウンドをして太ってしまったとなっては、やりがいが
ありません。

 

チートデイをつくって、たまにダイエット条件を緩和することで、停滞期を続ける
人もいます。

 

ダイエット中のカロリー制限はきついので、チートデイというずるをする日を1日
だけつくって、その日はカロリーを気にせずに好きなものを食べます。

 

ダイエットをスタートさせると、食事を適正カロリーにして、食べ過ぎないように
することが一般的です。

 

急激に食事の量が減ると、人体は命の関わる重大なことが起きている可能性を考え
て、できるだけ体内に届けられたカロリーを使い切るまいとします。

 

このままでは、身体に蓄積されている脂肪すら燃えない状態になってしまいますの
で、チートデイを設定することで、体にカロリー摂取が潤沢であることほ覚え込ま
せす。

 

長く続いていた停滞期が、チートデイで食事をしたことがきっかけで、通常モード
に戻ったりもします。

 

チートデイをつくるなら、1日で終わるように予定を組みましょう。

 

何日もチートデイにしていると、ダイエットがうまくいかなくなります。